JA十日町 ONLINE SHOP

TOP >雪室貯蔵米のご案内

雪室貯蔵米のご案内


雪室貯蔵米とは?−
◆雪の力で冷す天然の冷蔵庫。
十日町の魚沼産コシヒカリを収穫後すぐ雪室に入れて、温度5℃、湿度70%の一定の温度・湿度で保管することで、収穫時の鮮度をそのまま一年通してお届けします。

◆美味しい期間が長く続く。
雪室貯蔵は電気冷蔵庫に比べ温度のゆらぎが少ないため、お米の細胞が痛みにくく、鮮度を維持することができます。
また、湿度も一定に保たれることから乾燥を防ぎ、通年品質を新鮮なまま保ちます。

◆環境にやさしい雪室貯蔵。
雪国十日町で雪を利用した自然のサイクル。
電気を使わず雪で貯蔵することで、CO?約70%削減への期待ができます。

◆倉庫の空気もきれいに。
倉庫内の空気を、雪室の冷気と循環させるため、空気中にあるホコリやチリなども雪が吸着し、いつもきれいで清潔な空気の中で保管しています。


−雪室貯蔵米の証として商品にステッカーを添付します−

  

−30年産の十日町産魚沼コシヒカリの雪室貯蔵米の取扱について−
30年産の雪室貯蔵米の取扱は2019年1月を予定しております。
詳細は後程掲載させて頂きます。


 
トップページ

カテゴリーから探す

JA十日町ホームページへ